おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 デイリー杯2歳ステークス レース回顧 と 2015年 対策

2014年デイリー杯は出走9頭と少頭数となったが、
多くの競馬ファンの注目を集める要素があった。

それは、アッシュゴールドの出走だ。

同馬は、兄にG1を6勝し、凱旋門賞でも2年連続
2着という日本のトップホースがいる期待馬。

ただ、兄をもつ母が同じ血統配合ではなく、
まったく同じ父ステイゴールドであり、毛色も同じ栗毛。

これだけを見れば、たしかに、
POGでも指名を集める要素は十分にある。

だが、個人的には懐疑的に見ていた。
それはアンチ良血馬という気質をもっているからではないし、
この血統背景が好きではない、ということでもない。

これだけの期待馬、血統配合をもっていながら、なぜ馬主が、
兄オルフェーヴルと同じサンデーレーシングでは
ないのか、という点がずっとひっかかっていた。

もちろん、大手のサンデーレーシングではないとしても、
同じグループであり大手の社台レースホースというだけで、
期待できる感はある。

この頃、この2つのグループでの力関係は、
サンデーレーシングの方が上だったことは言うまでもない。

ならばなおさら、有力馬は上のクラブへ
回るのではないか、という見方をしていた。

そして、満を持したデビュー戦では単勝オッズ1.8倍という
圧倒的支持を集めながら6着に敗退。

サンデーレーシング所有でなかった理由を
垣間見たとさえも思った。

そして、そのアッシュゴールドはここでは
2番人気に支持されたのだが、2着に破れ、重賞勝利を逃した。

勝ったのは5番人気タガノエスプレッソ、
2着がアッシュゴールド、
3着には1番人気ナヴィオンと続き、
3連単配当は3660円。

残念ながら、アッシュゴールドの
その後にはまだ大物感は伺えていない。

これから兄たちのようにG1を勝ってくれることを
期待しつつ見守るのが正解なのかも知れない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る