おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 マイルチャンピオンシップ レース回顧 と 2015年 対策

2014年マイルチャンピオンシップは、
既存勢力組VS新星組VS他路線組の3大派閥が争う大混戦。

順序は入れ違いになるが、
他路線組筆頭はトーセンラーだろう。

同馬は2013年のマイルチャンピオンシップを
制しており京都コースでは距離不問の京都巧者、
というより京都神くらいの存在。

新星は3歳馬なら2014年NHKマイルカップを
制したミッキーアイル、古馬ならフィエロといったところ。

肝心の既存勢力組はというと、G1馬ならサダムパテック。

2013年の同レースを制しているとはいえ、
近走はピークが過ぎたかのような戦績。

夏には中京記念で復活してはいるが、
これは中京閉幕週という特殊馬場が味方したかたち。

もう1頭のマイルG1馬グランプリボスは
2014年安田記念で2着しているが

これは道悪の恩恵を大きく受けての好走という見立てで、
年をとって京都の高速馬場にまた対応できるか疑問。

夏のマイル重賞2連勝したクラレントも
夏の疲れがどこまで回復したかが不安なところ。

このように並べると既存勢力組は頼りなさが残ってしまう。

だが、この混戦を制したのは
既存勢力組に部類されるダノンシャーク。

インコースを突く岩田騎手の真骨頂の騎乗により、
久しぶりにマイラーがマイル王のタイトルを手にした。

2着は3番人気フィエロ、
3着に9番人気グランデッツァと続き、
3連単配当は193290円の大波乱決着。

2015年もダノンシャークのように既存勢力の活躍に期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る