おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 東京スポーツ杯2歳ステークス レース回顧 と 2015年 対策

2014年東京スポーツ杯2歳ステークスは、
2015年のクラシック戦線で活躍しそうな、

厳密に言えばG1馬が誕生しそうなくらいの
ハイレベルメンバーが揃ったと戦前は期待したものだ。

中でも、藤沢厩舎期待の
ディープインパクト産駒アヴニールマルシェに期待が集まった。

単勝オッズ2.4倍の1番人気に支持を集めたのは、
左回り2戦2連対、前走新潟2歳ステークスで見せた末脚は、

前年のハープスターほどではないとしても、
先々まで期待したくなるものだった。

2番人気には単勝オッズ4.1倍のクラージュシチー。

話題のハービンジャー産駒であり、前走の未勝利戦を
10馬身差で圧勝したことが評価され、
早くもハービンジャー産駒代表候補に名乗りをあげた。

3番人気単勝オッズ6.4倍のグリュイエールもすごい馬だ。
前走の未勝利戦をレコード勝ち。

しかも同日に同条件で古馬1000万下クラスが行われ、
その勝ちタイムを2.4秒も、2歳ながらにして上回り勝利。

とにかくスケールの違いすぎる馬が集まった、
とさえ、2014年の東京スポーツ杯2歳ステークスは思わせてくれた。

ところが、ここを制したのは、この3頭ではない。
他にも札幌2歳ステークス2着と重賞実績のあるマイネルシュバリエ、
オープン特別芙蓉ステークス勝ちのあるジャストドゥイングなどの
キャリアのある馬も揃っていたが、これらでもない。

勝ったのは、わずか1戦のキャリアで挑んできたサトノクラウンだ。

直線では前が壁になり、
なかなか進路が見つからない不利がありながらも、

前があくと、そのスキをついて馬群を抜け出し、
先に抜け出したアヴニールマルシェをきっちりと捉えきっての勝利。

新馬勝ちの次走、
しかも力のある馬達を相手にこの芸当。

これは先々まで期待せずにはいられない勝ち方だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る