おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 京都2歳ステークス レース回顧 と 2015年 対策

2014年京都2歳ステークスは、
2013年まで暮れに行われていた、
ラジオNIKKEI杯の冠をつけて行われた記念すべき第1回となる。

第1回ではあるが、ここでもやはり
2歳重賞の数が増えたことで、
落ち着いた頭数で行われることとなった。

中でも注目を集めたのは、単勝オッズ1.5倍の
支持を集めたティルナノーグだろう。

2戦2勝で臨んできた勢いのある2歳、
という点ではよくいる2歳馬ではあるのだが、
早くから2015年のダービー馬候補の呼び声が高かった1頭だ。

続く2番人気にはダノンメジャーで
単勝オッズ4.3倍。

こちらも2戦2勝と無敗馬だ。

特に前走の野路菊ステークスでは、
直線だけで全馬をまとめて差し切る豪快な勝ち方を見せ、
鞍乗の小牧騎手も、大物、と評した期待馬だ。

3番人気、単勝オッズ7.3倍に
支持されたエイシンライダーも2戦2勝の無敗馬。

だが、このように無敗馬がこうも揃うと、
この中から連勝がストップする馬が出てくる。

その中でも連勝を3つに伸ばすだろうと
期待されたのがティルナノーグだった。

ところがレースは悲鳴にも似たようなスタートをきる。

大本命馬ティルナノーグはスタートが
悪く最後方からの競馬となってしまったのだ。

だが、手綱をとった武豊騎手はこれにはあわてず、
落ち着いて馬群にとりつけるとレースの流れに乗った。

それでもこれは後ろからいく馬たちには苦しい流れ。

ティルナノーグも直線伸びあぐねて、
2015年ダービー馬候補がここで脱落してしまった。

勝ったのはベルラップ。
単勝オッズ19.5倍で8頭中6番人気と伏兵だ。

2着にダノンメジャー、
3着にシュヴァルグランと続き
3連単配当は68280円。

まさか2戦2勝馬3頭とも敗れてしまうとは…

だが、これが競馬なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る