おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 京都2歳ステークス レース回顧 と 2015年 対策

2014年京都2歳ステークスは、
この年からG3重賞と昇格した。
記念すべき第1回には8頭の2歳馬が集まった。

はっきり言って少頭数。
だが、ちゃんと目玉は用意されている。

単勝オッズ1.5倍の1番人気に支持を集めたティルナノーグは、
2015年ダービー馬候補と言われた1頭。

キズナ、ワンアンドオンリー、その次はこのティルナノーグ。
このような呼び声も高かったノースヒルズ軍団からの期待馬だ。

手綱をとったのはここまでの2戦とも武豊騎手。
ここでもスター性は十分ある。

だが、ティルナノーグに続けとばかりに支持を集めた2頭もすごい。
2番人気ダノンメジャーと3番人気エイシンライダー。

どちらも2戦2勝。キャリアだけみれば、新馬、
500万下を連勝したティルナノーグを上回る、新馬、OP特別勝ちの実績をもつ。

だが、競馬ファンは皆ティルナノーグの3連勝に期待した票をいれた。

このように期待され注目が集まるディープインパクト産駒とは、
得てしてハーツクライ産駒に敗れてsまう。

結論からいうと、大本命馬ティルナノーグは
スタートで行き遅れ、最後も伸びず。

勝ったのはベルラップ。ハーツクライ産駒だ。
2着にはダノンメジャー、
3着にはシュヴァルグラン。

3連単は68280円となったが、
少頭数を考えればこの配当はそこそこのものと言えるだろ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る