おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2015年 G2 オールカマー

2015年オールカマーは、
いかにもオールカマーらしいメンバー構成。

G2にはやや足りなそうなメンバーが大半を占め、
フルゲート17頭に21頭が出走登録をしてきた。

出走登録馬一覧

オーシャンブルー
ゴールドアクター
サトノノブレス
ショウナンパンドラ
スターバリオン
セキショウ
タマモベストプレイ
ヌーヴォレコルト
ハギノハイブリッド
マイネルフロスト
マイネルミラノ
マウントシャスタ
マコトブリジャール
マジェスティハーツ
マリアライト
ミトラ
メイショウカドマツ
メイショウカンパク
メイショウナルト
レッドレイヴン
ロゴタイプ

2014年菊花賞で3着した後、
諸事情により長期休養にはいり、
2015年1000万下条件の洞爺湖特別で復帰勝利。

4歳馬で降級となっていたため、
この条件はかたちだけの昇級。

現在は1600万下のクラスの身分ながら
このオールカマーへ格上挑戦してきた。

だが、個人的には力は足りると思っている。
デビュー戦こそ6着となってしまったが、
あとはすべて5着以下はないバツグンの安定力をもっている。

しまいの脚もしっかりしている。
キャリア全10戦中6戦で
メンバー3位以内の上がりタイムを計時している。

なにより父スクリーンヒーローは、スクリーンヒーロー自身が
セントライト記念でこの中山芝2200mの舞台で3着と適性はある。

1週前に行われた2015年セントライト記念でも
スクリーンヒーロー産駒ミュゼエイリアンが
2着しているように、今の馬場も合うはず。

それほど人気にもなりそうになく、
押さえていて面白い1頭ではないか。

これから週末にかけて、
軸馬や他の有力馬を検証していこうと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る