おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2015年 九十九里特別 枠番確定前予想

2015年九十九里特別の出走馬確定前の
出走登録はこのようになっている。

出走登録馬一覧

アルバート
カーマイン
キングカラカウア
キンショータイム
サトノレオパード
スティーグリッツ
ディスキーダンス
パリソワール
フェスティヴイェル
フジマサエンペラー
ポトマックリバー
ヤマニンボワラクテ
ルミナスレッド
レッドルーラー

土曜中山9Rに、芝2500m、
Cコースで行われる1000万下条件戦。

過去の3連単配当を見ると、2007年に22万馬券。
万馬券以下の決着が2010年、2012年、2013年。

10万円未満の決着も多く、
当てやすく儲けやすいレースなのかも知れない。

競馬専門誌をみると、
この時点では重い印は、
キングカラカウアに集中している。

次に集中しているのは、
ほぼ同じなのだがスティーグリッツあたり。

キングカラカウアは面白そう。

間隔があいた前走は新潟の1000万下クラスの
昇級初戦で古馬と初対戦ながら3着。
1番人気で3着なので人気に応えられなかった結果でも、
評価を下げる必要はない。

むしろ、プラスとなる外的材料が多い。
まず、この九十九里特別というレースは、
2004年にデルタブルースが勝っており、
次走の菊花賞も連勝と、菊花賞にも結びつきが強い。

さらに、前走の新潟の阿賀野川特別も過去の上位入線馬には、
オウケンブルースリ、ナムラクレセント、フォゲッタブルがいる。

これらを考えると、キングカラカウアも菊花賞への適性を
高くもっている可能性があり、この九十九里特別を勝ち上がっても不思議ではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る