おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2015年ステイヤーズステークス対策の前に2014年ステイヤーズステークスのオッズ解析

2015年ステイヤーズステークス対策を行う前に、
まず2014年ステイヤーズステークスのオッズ解析を行ってみよう。

最終オッズは以下の通り。

1番人気  2枠2番クリールカイザー   3.4倍
2番人気  7枠13番ホッコーブレーヴ  4.8倍
3番人気  5枠8番デスペラード     5.2倍
4番人気  7枠12番ファタモルガーナ  7.8倍
5番人気  8枠15番スカイディグニティ 7.9倍
6番人気  3枠5番スズカデヴィアス   9.4倍
7番人気  3枠4番ケイアイチョウサン 19.4倍
8番人気  4枠7番セイクリッドバレー 27.4倍
9番人気  5枠9番マイネルメダリスト 33.5倍
10番人気 6枠11番ネオブラックダイヤ 36.1倍
11番人気 6枠10番モビール      41.5倍
12番人気 4枠6番スノードン     65.3倍
13番人気 1枠1番メイショウタマカゼ 95.4倍
14番人気 8枠14番アップルジャック 129.0倍
15番人気 2枠3番サイモントルナーレ 271.0倍

短時間で大きな投票があり、大口投票と思しきものは

当日2:28~2:33の間に75万円を2番クリールカイザーの複勝へ
当日9:05~9:14の間に53万円を2番クリールカイザーの複勝へ
当日12:44~12:51の間に89万円を2番クリールカイザーの複勝へ
当日13:01~13:08の間に63万円を2番クリールカイザーの複勝へ
※G1ではないので50万円以上を抜粋

単勝複勝以外の各券種の1番人気は以下の通り。

枠連 2-7 5.5倍
馬連 2-13 9.7倍
ワイド 2-13 3.9倍-4.4倍
馬単 2→13 16.1倍
3連複 2-8-13 15.0倍
3連単 2→13→8 59.4倍

単勝人気がそのまま他券種に反映された並びとなっている。

単勝オッズ数字を10ずつ区切り、
ひしめき合ってる感が強いブロックは、1~10倍台の6頭。

他のブロックはまばらとなっているが、
31~40倍台に2頭と数字は少なくても、
前後のひしめきあいを考えれば、若干込み合っているようにも思える。

結果、最も頭数の多い1~10倍台から3頭が馬券となっている。

過去5年間での人気別の馬券に絡んだ回数は、
4番人気は4回、1番人気から3番人気で6回。

3番人気までの上位人気勢は15頭中6回と
馬券に絡んでいるので、率としては約半数以下。

だが、4番人気まででくくると
15回中10回と3回に2回と高確率となる。
比較的上位人気は信頼度が高いレースといえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る