おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2015年金鯱賞対策前に2014年金鯱賞のオッズ解析

2015年金鯱賞対策前に、
2014年金鯱賞のオッズ解析をしてみようか。

最終オッズはこうなっている。

1番人気  2枠4番ラストインパクト 3.8倍
2番人気  3枠5番エアソミュール 4.4倍
3番人気  7枠13番ウインバリアシオン 5.4倍
4番人気  6枠12番サトノノブレス 7.0倍
5番人気  5枠10番カレンブラックヒル 7.7倍
6番人気  8枠16番ラブリーデイ 11.9倍
7番人気  6枠11番クランモンタナ 19.2倍
8番人気  8枠17番ダークシャドウ 24.4倍
9番人気  7枠14番ペルーサ 35.8倍
10番人気 4枠7番オーシャンブルー 41.6倍
11番人気 2枠3番トゥザグローリー 48.1倍
12番人気 1枠1番ユールシンギング 56.5倍
13番人気 5枠9番ニューダイナスティ 83.6倍
14番人気 1枠2番サクラアルディート 101.1倍
15番人気 4枠8番トウカイパラダイス 106.2倍
16番人気 3枠6番レッドデイヴィス 110.1倍
17番人気 8枠15番パッションダンス 145.3倍

短時間で投票額が膨れ、大口投票の可能性があるのは

当日13:02~13:09の間に73万円を4番ラストインパクトの複勝へ
当日14:25~14:29の間に124万円を13番ウインバリアシオンの複勝へ
当日14:40~14:44の間に290万円を5番エアソミュールの複勝へ
当日15:03~15:08の間に216万円を4番ラストインパクトの複勝へ

単勝複勝以外の各券種の1番人気はこうなっている。

枠連 2-3 7.3倍
馬連 4-5 7.6倍
ワイド 4-5 3.1倍-3.4倍
馬単 5→4 14.2倍
3連複 4-5-13 14.7倍
3連単 5→4→13 57.5倍

4番ラストインパクトが単勝では1番人気にも関わらず、
連単系の券種では2着づけで最も売れている。

かわりに5番エアソミュールが連単系の券種では1着づけで最も売れている。
4番ラストインパクトが結果的に1着し、5番エアソミュールは馬券とならず。

オッズ数字を1~10、11~20、のように10ずつ区切り、
各ブロックに納まった馬の数を比較検証すると、
まず1~10で5頭とややひしめき合い、次は41~50で2頭。

このあたりまでがひしめき合っている。
結果、頭数の多い1~10のブロックから3頭が馬券になっている。

過去5年の結果の中では1番人気の馬券圏内回数は3回、
1番人気から3番人気だと7回となる。

3番人気までを上位人気勢とした場合、
上位人気の信頼性は15頭中7回となり、半々。

人気薄では、6番人気が3回、
8番人気が2回馬券となっているが、
二桁人気はまだ馬券となっていない。

この結果からは、上位人気が強いレース。
6番人気と8番人気で馬券となった馬も
力はあるが埋もれた人気となった馬達。

力通りに決まりやすいといえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る