おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2015年カペラステークス対策の前に2014年カペラステークスの展開とラップをデータ分析する

2015年カペラステークス対策を行う前に、
過去5年分のカペラステークスの展開とラップタイムを
データ分析と検証してみよう。

過去3年分のカペラステークスの展開と
ラップタイムはこのようになっていた。

開催年 頭数 天候 馬場状態 1着タイム 1着上がり 1~3着平均上がり
1~3着脚質 ラップタイム 前3F 後3F

2010年 16 晴 良 1.09.7 36.2 36.13
差-差-差 11.7-10.3-11.0-11.9-12.1-12.7 33.0 36.7

2011年 15 晴 稍 1.09.1 35.3 35.33
先-差-先 11.8-10.5-11.4-12.0-11.6-11.8 33.7 35.4

2012年 16 晴 良 1.10.8 35.3 35.47
追-差-追 11.9-10.6-11.7-12.4-12.1-12.1 34.2 36.6

2013年 16 晴 良 1.10.7 36.0 35.47
差-追-追 12.1-11.0-11.2-12.1-11.9-12.4 34.3 36.4

2014年 16 晴 良 1.09.5 36.2 36.27
逃-追-差 11.8-10.4-11.1-11.6-11.9-12.7 33.3 36.2

顕著な傾向としては
基本はスタート後の2ハロン目で一気に加速すること
3ハロン目からゴールまで徐々に失速すること
2秒近くの差がある前傾ラップであること

12秒台の区間ラップが少ないほど、
前が残りやすいラップ構成となっている。

だが、それでも差しか追込が必ず1頭は
連対圏内にくるため、差し追込を中心に考えて良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る