おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2015年チャレンジカップ対策の前に2014年チャレンジカップの展開とラップをデータ分析する

2015年チャレンジカップ対策をに、
現行の距離へ変更以降の過去3年分のチャレンジカップの
展開とラップタイムをデータ分析と検証してみよう。

過去3年分のチャレンジカップの展開とラップタイムはこのようになっていた。

開催年 頭数 天候 馬場状態 1着タイム 1着上がり 1~3着平均上がり
1~3着脚質 ラップタイム 前3F 後3F

2012年 12 晴 良 2.00.4 34.7 34.73
差-差-追 12.9-11.1-13.0-12.7-11.9-11.8-11.8-11.7-11.5-12.0 37.0 35.2

2013年 14 晴 良 1.59.6 35.8 35.33
先-先-差 12.8-11.0-12.1-11.7-11.7-12.0-12.2-12.2-11.5-12.4 35.9 36.1

2014年 17 曇 良 1.58.8 34.6 34.83
差-差-差 12.6-11.1-12.0-12.0-12.1-11.6-12.0-11.9-11.6-11.9 35.7 35.4

顕著な傾向としては
中盤に12秒台の区間がない淀みのない流れのレースとなりつつあるかもしれない
ラスト1ハロンは坂があり失速する
どちらかといえば後傾ラップとなりやすい

現時点では、中盤に緩みの有無を問わず、
直線が長い外回りコースだけあって差しや追込の独壇場となっている。

人気の逃げ先行を中心とするのは極めて危険といえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る