おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2015年カペラステークス対策のために知っておくべきことやツボ

カペラステークスの予想の前に押さえておくべき基本的な
コトや馬券攻略に役立つツボをまとめてみた。

まず、カペラステークスは3歳以上の古馬のレース。
2008年1月までガーネットステークスという名称で1月に施行されていた。

暮れの中山開催2週目のダート1200mで行われるG3で、
JBCスプリント出走馬もレース間隔が詰まりすぎてないため出走しやすい。
外国馬や地方馬、いわゆるカク外やカク地の出走も可能。

ダート短距離馬は2月のフェブラリーステークスを目標とした実績馬も
このレースを経由するが、時期的にも
距離的にもコース的にも異なり、前哨戦とはならない。

リピーターが連続好走しやすいこと、上級条件の中山ダート1200m
だから差しや外枠が有利、といったポイントの裏を突いた波乱が起こりやすい特徴がある。

過去5年分の5着まではこのようになっている。

2010年12月12日(日)天候: 晴 馬場状態: 良
第3回カペラS
着枠 馬 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 3F 人体重 廐舎
1 7 13 セイクリムズン 牡 4 幸英明 56 1.09.7 36.2 3 506 (栗)服部利之
2 8 15 ティアップワイルド 牡 4 石橋脩 56 1.09.7 35.9 13 524 (栗)西浦勝一
3 4 7 エノク 牡 6 浜中俊 56 1.09.9 36.3 5 516 (栗)音無秀孝
4 4 8 シルクフォーチュン 牡 4 小牧太 56 1.10.0 35.6 1 460 (栗)藤沢則雄
5 7 14 マルカベンチャー 牡 4 吉田隼人 56 1.10.0 35.8 9 470 (栗)松永昌博

2011年12月11日(日)天候: 晴 馬場状態:稍重
第4回カペラS
着枠 馬 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 3F 人体重 廐舎
1 8 15 *ケイアイガーベラ 牝 5 秋山真一 54 1.09.1 35.3 2 478 (栗)平田修
2 1 1 ティアップワイルド 牡 5 石橋脩 56 1.09.5 35.2 3 534 (栗)西浦勝一
3 6 11 タイセイレジェンド 牡 4 坂井英光 56 1.09.5 35.5 8 530 (栗)矢作芳人
4 5 9 レディルージュ 牝 5 田辺裕信 54 1.09.7 35.7 4 450 (栗)安田隆行
5 2 2 セイクリムズン 牡 5 幸英明 57 1.09.8 35.6 1 516 (栗)服部利之

2012年12月 9日(日)天候: 晴 馬場状態: 良
第5回カペラS
着枠 馬 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 3F 人体重 廐舎
1 5 9 シルクフォーチュン 牡 6 横山典弘 57 1.10.8 35.3 4 474 (栗)藤沢則雄
2 3 5 $エーシンウェズン 牡 5 蛯名正義 56 1.10.9 35.7 3 538 (栗)野中賢二
3 7 13 シセイオウジ 牡 5 勝浦正樹 56 1.11.2 35.4 8 464 (美)宗像義忠
4 4 8 マルカバッケン 牡 5 大庭和弥 56 1.11.2 36.5 12 486 (栗)増本豊
5 8 15 ティアップワイルド 牡 6 石橋脩 56 1.11.3 36.6 1 526 (栗)西浦勝一

2013年12月 8日(日)天候: 晴 馬場状態: 良
第6回カペラS
1 1 1 ノーザンリバー 牡 5 柴田善臣 56 1.10.7 36.0 6 478 (栗)浅見秀一
2 4 7 スノードラゴン 牡 5 大野拓弥 56 1.10.7 35.4 7 512 (美)高木登
3 2 4 シルクフォーチュン 牡 7 横山典弘 57 1.10.8 35.0 2 472 (栗)藤沢則雄
4 7 13 セイクリムズン 牡 7 北村宏司 57 1.11.0 36.0 3 514 (栗)服部利之
5 1 2 スリーボストン 牡 6 秋山真一 56 1.11.1 36.7 4 518 (栗)藤岡範士

2014年12月14日(日)天候: 晴 馬場状態: 良
第7回カペラS
1 1 1 $ダノンレジェンド 牡 4 丸田恭介 56 1.09.5 36.2 12 452 (栗)村山明
2 6 12 サトノタイガー 牡 6 御神本訓 56 1.10.4 36.1 7 470 [地]小久保智
3 8 16 メイショウノーベル 牡 5 津村明秀 56 1.10.4 36.5 8 504 (栗)武田博
4 8 15 $サウンドガガ 牝 5 柴山雄一 54 1.10.4 36.8 5 500 (栗)佐藤正雄
5 1 2 $タールタン 牡 6 後藤浩輝 56 1.10.5 36.5 4 496 (栗)吉村圭司

この過去5年分の結果からわかる傾向としては
比較的関西馬が優勢。

その中でも関東馬と地方馬から1頭が3着内に食い込んでくること
G1の裏で行なわれることもあり、
関西の有力騎手の遠征はなく、関東の騎手が上位を占めやすいこと

賞金の関係で3歳馬はほとんど出走できず、
できたとしても歯が立たないこと

この3点か。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る