おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 神戸新聞杯 レース回顧 と 2015年 対策

菊花賞の、牡馬クラシック最終戦の足音が聞こえはじめる。
そんな印象をこの神戸新聞杯にもっている。

理由は、同じ菊花賞トライアルのセントライト記念よりも、
春の実績馬が集まりやすく、このレースから菊花賞好走馬が出やすいからだ。

2014年の注目は、ダービー馬ワンアンドオンリーの成長っぷり、
仕上がり、菊花賞制覇に向け順調かどうかだろう。

この時点では、菊花賞という長距離の舞台では距離適性の面で、
皐月賞馬イスラボニータよりも、良血トゥザワールドよりも、
ワンアンドオンリーにやや分があるようにも思えた。

もっとも、ダンスインザダークを父にもつマッチボックスという伏兵が
菊花賞への権利をここで獲れれば面白くはなったのだが、
さすがにそれは荷が重すぎたようだ。

結果から言うと、1着はワンアンドオンリー。
2着に8番人気サウンズオブアース、
3着に9番人気トーホウジャッカルが入り、3連単は70380円。

ダービー馬が菊花賞制覇に向け鉄板度合いが増す印象を受けるでもなく、
長距離血統の上がり馬が台頭するわけでもなく。

そんな印象が、この結果からは出ていた。
だが、やはり菊花賞へ最重要トライアルという面は守られた。

1着ワンアンドオンリーは菊花賞で敗れてしまったものの、
ここでの3着トーホウジャッカルが菊花賞を勝利、続く2着にはサウンズオブアース。

2015年以降も、菊花賞はこの神戸新聞杯組を中心に予想を立てていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る