おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 毎日王冠 レース回顧 と 2015年 対策

現3歳から8歳と6世代からエントリーがあった2014年の毎日王冠。

出走馬15頭中13頭が重賞ウィナー、G1馬ロゴタイプの参戦もあり、
さすがは数々の活躍馬を輩出しているハイレベル重賞といったところだ。

中でも人気を集めたのは大外枠に入ったワールドエース。

脚質的にも枠的にもこの開幕週馬場とマッチしがたい条件なのだが
支持を集めるあたりは、この馬の人気とかつて見たポテンシャルの高さからなのだろう。

同馬の単勝オッズは3.2倍。
続く2番人気に支持されたのは同期のグランデッツァで6.0倍。

レースはまさかのサンレイレーザーの逃げでひっぱられ、
番手につけた3歳馬ウインマーレライが軽量の恩恵を受けて粘りこむのかと
淡い期待をした競馬ファンは少なからずいるはず。

ところが、その”まさか”の上をいく”まさか”が用意されていたのだ。

逃げねばったのはウインマーレライでなくサンレイレーザーの方だった。

この粘りこみに待ったをかけるべく急追したのが、
武豊騎手が手綱をとるエアソミュール。

馬群から抜け出ると、サンレイレーザーを捕らえきり見事勝利。

この武豊騎手と角居調教師のコンビは2008年に
ウオッカでこの毎日王冠を獲り損ねている。

当時の雪辱を同じ決まり手で晴らすべく、ゴ
ール前できっちり差しきった。

3着にはスピルバーグが入り、
3連単配当は388350円の大波乱決着。

勝ったエアソミュールはこの後勝ち星から遠ざかっているものの、
古馬の王道路線をすすみ好戦を演じており、3着のスピルバーグは次走で天皇賞秋を制し、
2015年にはイギリスへ遠征とついに軌道に乗った。

2015年もタレントが集まることを期待しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る