おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2015年 G2 ローズステークス

2015年ローズステークスは、本番の秋華賞の前哨戦どころか、
これが秋華賞とも言えるメンバーが登録してきた。

この世代牝馬の筆頭各ルージュバックの登録こそないが、
牝馬G1勝馬3頭すべてが出走。

出走登録馬一覧

アンドリエッテ   横山典弘
クイーンズリング  ミルコ・デムーロ
サンクボヌール   松山弘平
ショウナンアデラ  蛯名正義
シングウィズジョイ 内田博幸
タッチングスピーチ クリストフ・ルメール
ティーエスクライ  和田竜二
テルメディカラカラ 幸英明 
ディープジュエリー 柴山雄一
トーセンビクトリー 武豊
プレミオテーラー  福永祐一
ペルフィカ     菱田裕二
マキシマムドパリ  武豊
ミッキークイーン  浜中俊
メジャーガラメキ  小牧太
ライトファンタジア 川田将雅
レーヌドブリエ   吉田豊
レッツゴードンキ  岩田康誠
レッドカーラ    四位洋文

ケガでリタイアしていた阪神ジュベナイルフィリーズ勝馬
ショウナンアデラもなんとか間に合ったという感じだろうか。

もし無事だったら桜花賞くらいは獲れていただろう。

距離がどこまでもつかが焦点となるが、
ここではミッキークイーン、レッツゴードンキの次に
人気してもおかしくはない実績と脚をもっている。

だが、同馬は秋華賞へ出走する賞金は足りている。
ここが予想をする上での大事なポイントだ。

骨折明け、秋華賞へ出走できる、関東馬が前哨戦と本馬で2回も関西遠征する

果たして陣営はこのローズステークスへは何割くらいの仕上げで臨むだろうか。

同じことがオークス馬ミッキークイーンと桜花賞馬レッツゴードンキにも言える。
だが、この2頭は関西馬であり、ケガはしていない。
ある程度の仕上げでも力で押しきれる可能性は十分ある。

そこでここで注目するのが、G1馬3頭と未対戦の、ディープジュエリー。
速い流れになった時に崩れる場合もありそうだが、しまいはしっかりしている。

特に2走前のデイジー賞では、4コーナーで外に大きく
膨れながらも最後は軽く流しただけで差し切った脚がある。

さほど人気にもなりそうになく、狙って面白い1頭と言えまいか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る