おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 アルテミスステークス レース回顧 と 2015年 対策

2014年アルテミスステークスはG3へ
と格付けされてからは第1回となる。

阪神ジュベナイルフィリーズに向け、
関東馬に向け東京競馬場で行われる前哨戦ではあるのだが、
ここで1番人気に支持されたのは関西馬のレッツゴードンキ。

レッツゴードンキは新馬戦を勝って、
2戦目には牡馬との混合戦であり、翌年のクラシックの
登竜門としての価値もある札幌2歳ステークスへ出走し3着。

牡馬とも渡り合える力をもっているなら、
ここでも力上位の存在。

多くの競馬ファンはこのように考えたからこそ、
1番人気に支持されたのだろう。

だが、まだ全幅の信頼は置けない、
という意思表示の表れか、単勝オッズは4.3倍にとどまった。

続く2番人気がシャルールで5.2倍。
3番人気シングウィズジョイ。

単勝オッズ10倍以下に5頭、一方で、
単勝オッズ100倍に6頭もいる、ある意味偏りのあるオッズ並び。

レースはバラついたスタートからはじまった。
出遅れ最後方となったのがココロノアイ。

ところが、このココロノアイが道中で
マクリあがっていくというまるでパワープレイを敢行。

4コーナーでは3、4番手まで押し上げると、
直線では絶好のタイミングでの追い出し。

さらに脚を使えたココロノアイが先に抜け出し、
レッツゴードンキの急追を退け勝利した。

2着に1番人気レッツゴードンキ、
3着には11番人気トーセンラークがはいり
3連単配当は137140円の大波乱。

ココロノアイのレースぶりは決して
きれいなものではなかっただろう。

それでいて押し切るのだから力はある。

続く阪神ジュベナイルフィリーズと
チューリップ賞でも上位に食い込んだのは、
ここで見せた力が根底にあったからだと思っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る