おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 ファンタジーステークス レース回顧 と 2015年 対策

2014年ファンタジーステークスも
例年の傾向に従って大荒れになるのではないか、

と登録メンバーを見る前に、
一攫千金を夢見た競馬ファンもいたに違いない。

特に、過去に一度でもこのレースを
獲っている人ならなおさらだ。

それほどまでにこのレースの波乱決着が続いている。
堅い決着は2007年まで遡らないとない。

だが、集まった14頭の前走成績を見る限りでは、
今年はもしかしたら荒れないかも知れない、
と一攫千金狙いの人は諦めざるを得ないほどに成績優秀馬が集まった。

出走14頭中12頭が前走で3着内。
残る2頭のうち、1頭は5着、もう1頭が13着。

大敗して買えないという評価できるのは1頭だけ。

こういうパターンの時は、
力はあるが人気の盲点となっている馬探しが有効打となりやすい。

だいたいの競馬ファンなら常套手段として
使っていることだろう。

それもあってか、単勝オッズ2.7倍の1番人気に支持されたダノングラシアスは
2戦1勝という戦績だが、2戦目のりんどう賞で見せた末脚から、
能力の高さを見出され、ここでも同じ末脚が炸裂するだろうと期待し支持を集めた。

単勝オッズ4.3倍の2番人気にレオパルディナ。
デビューから2連勝を決め、重
賞小倉2歳ステークスで2着と実績がある。

単勝オッズ6.9倍の3番人気にはウインソワレ、
7.8倍の4番人気にダイワプロパー、と、ここまでが単勝1桁倍台。

ところが勝ったのは、
なんと最低人気のクールホタルビ。

2着には1番人気ダノングラシアス、
3着には3番人気ウインソワレがはいり、
3連単配当は380480円の大波乱決着。

2014年のメンバーの前走成績を見ようとも、
初志貫徹、この年も荒れると決め打ちした人ならばきっと獲れていた、
いや、逆にそのくらいの覚悟がなければ獲れなかったレースだったとも言えないか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る