おすすめ記事

登録されている記事はございません。

スポンサードサーチ

© 競馬の予想に必要なのは… All rights reserved.

2014年 みやこステークス レース回顧 と 2015年 対策

2014年みやこステークスは3歳馬から7歳馬までの
5世代からの馬が参戦するメンバー構成となった。

なかでも、単勝1番人気に支持されたのが、
クリノスターオーで単勝は2.6倍。

ダートで先行して押し切るという戦法ができ、
成績も安定してきているという買いやすい材料が揃っている。

もっとも先行策は最近に始まったことではないのだが、
古馬オープンクラスでの成績も安定してきたという点は大きく評価できる。

2014年は平安ステークスを皮切りに、
エルムステークスでも2着しシリウスステークスでは重賞2勝目をあげるという、
充実ぶりを見せていた。

続く2番人気には単勝オッズ5.6倍のインカンテーション。
こちらは、3歳時から活躍している馬。

2013年夏の新潟レパードステークスで重賞初勝利すると、
同年のみやこステークスでも2着。2014年は重賞勝利をあげた新潟という舞台で、
ダートOP特別を2連勝。

そして、ここへ出走してきた。

この4歳馬2頭に遅れをとってしまったが、
古豪ニホンピロアワーズの存在も忘れてはならない。

2012年にジャパンカップダートを強い内容で勝った以降は、
ダート界のトップに君臨し、ピークが過ぎ衰え始めるも、
2014年も東海ステークス、ダイオライト記念と重賞を勝利し、
まだやれるところをアピール。

そして、ここでは3番人気6.5倍に支持された。

本番ジャパンカップダートへ向け、単勝2.6倍と、
圧倒的支持とはいえないまでも、クリノスターオーがどういう勝ち方をするか、
という期待をした競馬ファンは多かったはず。

だが、無常にも、ここではクリノスターオーは5着へ敗れてしまう。

勝ったのは、2番人気インカンテーション。

2着には、9番人気の3歳馬ランウェイワルツ、
3着に4番人気のナムラビクター。
3連単配当は54980円という決着。

2014年ダート中距離路線の主要重賞を
勝ちまくったかたちのクリノスターオーの主戦は幸騎手、
ダート界の頂点に君臨するホッコータルマエも同じ幸騎手。

もしここでクリノスターオーが勝っていたら、
本当は幸騎手はどちらを選んでいたのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの展開とラップをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 過去5年分のシルクロードステークスの展開とラップタイムをデータ分析と検証する。 2…

2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークスの枠順サインを解析する。 枠順は以下の通り。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスの調教傾向をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークス出走馬の調教の傾向をデータで分析そして検証してみよう。 …

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年以前を振り返り有力馬のローテーションをデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策を行う前に、 まず2015年シルクロードステークス出走馬のローテーション ・前走レースの傾向をデータ…

2016年シルクロードステークス対策の前に2015年シルクロードステークスのコースを得意とする血統をデータ分析する

2016年シルクロードステークス対策前に、 2015年シルクロードステークスが行われた直近2年分における 同コースで施行されたレースでの…

ページ上部へ戻る